AGAと年齢

外見の悩みの一つとしてあげられるのが頭皮の悩みです。
頭皮と言えば、薄毛の問題が深刻化しています。
薄毛と言えば今までは老化現象の一つとして中高年の男女の悩み事というイメージでした。
それが今では年齢層関係なく幅広い年代の悩みになっています。
その背景にはさまざまな要因があります。
食生活や睡眠不足、喫煙、アルコール、運動不足などごくありふれた日常生活が原因となってAGAになってしまう可能性があります。
そしてAGAの原因として最も多いのが男性ホルモンの変化です。
男性ホルモンの一部のテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合して、ジヒドロテストステロンが形成されます。
そのジヒドロテストステロンが髪の成長に関わる毛乳頭の働きを低下させてしまいます。
このような男性ホルモンのバランスの異常は年齢関係なく起きてしまいます。
さらに5αリダクターゼの活性化とジヒドロテストステロンの感受性の双方が高ければ高いほど20代後半ぐらいから薄毛に悩まされます。
この二つは遺伝が大きく関わっているため、父親や祖父が薄毛の人は注意が必要です。

これらの事を考えるAGA原因となる対象年齢は広く、ごく身近な理由から薄毛になりやすいということがわかります。
そして遺伝の影響によって発症の時期が異なり、早い人では20代後半から薄毛の症状が始まります。
早い段階で薄毛の症状に気づいた場合、まずは原因を追及しましょう。
最近では5αリダクターゼの働きを抑制する内服薬もあり、早期の薄毛の症状の人には抜け毛防止につながり効果が実感てきます。